未来への片道切符

ただひたすら夢に向かって突き進む

真の対面アドバンテージ

【挨拶のような何か】

シーズン4の戦績が3勝2敗で終わっている、たつたツウです。強くなるために、今回は対面について考えていこうと思います。

 

【本題】

当然のことですが、シングルバトルの盤面は1vs1の対面のみで行われ、初めの1体目を決めるところからバトルが始まります。ということで、対面の有利不利や択について、対面パとサイクルパを例として少し考えていこうと思います。

対面パ(対面構築)は、1vs1の勝利を3回繰り返して勝つというもので、対面で勝てる範囲の広さが重要になります。辛い相手への後続負荷が掛けられないのであれば、受け出せる裏か交換読み交換が必要になります。

サイクルパは、不利対面の時は交換して有利対面を作り、有利対面の時に削って、ダメージレースを制して勝つというもので、安定した役割と削り手段が求められます。

有利対面というのは、①相手からの有効な攻撃手段,もしくは流し手段がない。②殴り合った時に確実に勝てる。このどちらか一方が成り立っている状態のことで、プレイヤーによって判断は異なります(型バレや同作対決の結果などによって)。

そして有利対面時にも、必ずしも行動の自由があるかというと、ない場合もあります

というのも、相手が裏のポケモンだけで勝ちが見えた時、場のポケモンが倒されるのは負けに一切繋がらないからです。寧ろ起点にされるのが怖いです。このとき、目の前のポケモンへの突っ張りが半ば強要されます。

よって、①の、相手からの有効な攻撃手段,もしくは流し手段がない状態こそ、真の有効対面と言え、こちらの交代に攻撃技を合わせられない限り、相手がダメージレースや残りのポケモンの数においては勝利に近づくことはありません。有利対面を作られることはあり得ますがね。

有利対面と択に関してまとめると、(狭義での)有利対面とは相手がこちらに負荷を掛けられない状態のことであり、択が基本的に発生しない。

しかし、後続ピンポイントで負荷を掛けられるチャンスだが、そんな技がなければ削れない。交換読み交換を狙うと突っ張られるリスクが、生まれて択になってしまう。有利対面を技範囲の広いポケモンで活かすのが対面構築である。

 

【まとめ】

完封性能と技範囲のあるポケモンを使うことで対面アドバンテージをコントロールすることができる。

 

たつたツウ (@emperor_tatsuta) | Twitter